長崎女の夏の苦しみ

わたしにとって夏は地獄そのものです。困ることしかありません。 毎年夏が近づくと、憂鬱になってしまいます。

まず汗問題。汗っかきなので全身にかくんですが、特に顔にかくとメイクが崩れ、髪の毛もひっつき、またくせ毛のため髪がまとまらなくなります。

どちらかというと多汗症気味なので、多汗症を治す方法を何かしら考えないといけないかなと思っています。

紫外線も大敵です。色白で日に焼けると、赤くなってかゆくなってしまいます。
毎日の日焼け止め対策が大変です。なのでもちろん海なんて入れないし、無縁です。

次に肌。私は二の腕にサメ肌のようなボツボツがあり、コンプレックスです。
なので肌の露出ができません。

また、毛も濃くて多いので、頻繁に剃らないといけないし、
頻繁に剃ると肌がかぶれて赤くなってしまうことがあります。

また体型にも自信がないので(←これは自己責任。笑)、半そでや薄着への抵抗感があります。
下着も冬と違って、透けないようなものを着ないといけないのでベージュ系の地味な下着になりがちです。

上にも書きましたがくせっ毛でなので、髪をアップにすると襟元からちりちりと髪が出てきてしまうため、暑いのを我慢して髪をおろしています。

自分の体の事だけでこんなに悩まされるのだから、
ここにスコールや雷でたまにテレビの接触がおかしくなって見れなくなる、
お祭りの日の車の渋滞が半端じゃない、夏休みの学生がハメを外して夜中に騒ぐので眠れない、などの外部弊害をつけたしたら永遠に出てきます。

また、脱毛にも行っていないのでわき毛が気になります。ノースリーブさえも着れない。そんな女性は多いと思います。来年こそは、脱毛に通って脇をきれいにしたいと思います。

※長崎市の脱毛の参考サイト:http://datumonagasaki.com/

なので夏に対して楽しみを見い出せません。
これで夏を好きになれという方が難しいと思います。

しかしそれでも夏は来る。うまく自分のコンプレックスと向き合いながら、
夏の楽しみをみつけていこうと思います。
唯一楽しみなのは食べ物。
スイカ、トマト、ナスなどの夏野菜。
普段食べませんが、アイスもおいしい季節。
そうめんもおいしいです。

今年の夏は食べ物以外で楽しみをみつけます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です