ハサミだけでは難しい高度なセルフカットが、バリカンを利用すれば実現しやすくなる理由

自分で髪を切る場合に、まず思い浮かぶアイテムはハサミが一般的でしょう。

しかし、本格的なカットを考えるのであれば、ハサミだけでは不十分です。

そんな時に役立つのがバリカンです。

バリカンを使用したことがない人にとっては、ハサミに比べてどの程度便利かイメージしにくいこともあります。

バリカンを上手に利用することで、セルフカットのレベルが上がります。

セルフカットはアイテムを上手に活用することがポイント

自分自身で髪をカットすることは、決して簡単ではありません。

実際に試みた人ならよくわかることですが、何とか形を整えたとしても、髪が伸びてくればいびつになることも多いです。

もちろん、理髪店や美容院でカットするようなわけにはいかないでしょう。

しかし、セルフカットに必要なアイテムを上手に利用することで、かなり理想に近づけた髪型にすることは可能です。

特にシンプルな髪型の人は、セルフカットが行いやすく、美容代がかなり節約できます。

忙しくてカットに行く時間がないという人や、そもそも理髪店や美容院を利用することが苦手という人もいます。

そんな人は、セルフカットの技術を身につけることは非常に役立ちます。

セルフカットにはハサミとバリカンが必須

上手なセルフカットを行うためには、ハサミとバリカンは必須アイテムです。

ハサミに関してはほとんどの自宅にあるものですが、髪のカットに利用する場合は、セルフカット用のハサミを購入する方が効果的です。

通常のハサミは髪を切るためのものではなく、無理に利用すると髪を傷める原因になります。

カット専用のハサミであれば、切れ味が良く、髪のカットに適しています。

利用する上でストレスも少なくなるため、バリカンと共に用意しておくといいでしょう。

美容師が使うような専用のハサミは値段が高いですが、個人が利用する場合はそれより格安なカット用ハサミが販売されています。

一定の品質があれば、たまに利用するカットとしては十分に活用できます。

髪の長さを調整する程度であれば、カットシザーと呼ばれるカット用のハサミがあれば基本的に大丈夫です。

毛量を調整したい場合は、すき用のハサミを購入するといいでしょう。

バリカンとハサミを上手に使いこなせば、仕上がりのレベルがかなり高くなります。

参考になるサイト↓
>>おすすめのバリカンはこれ!【性能と価格で徹底厳選】

より本格的なカットにはバリカンの利用が最適

前髪を揃えるなど、簡単なカットであれば、ハサミのみでも十分にできるでしょう。

但し、より本格的なカットになれば、バリカンは必ず用意しておきたいおすすめの製品です。

ハサミとバリカンの大きな違いは、ハサミは手動ですが、バリカンは自動で動く点です。

ハサミの使用では、各部分で髪の長さに違いが生じるのは、手動によるカットの致し方ない部分です。

しかし、バリカンの場合は均一なカットが可能です。

しかも切れ味がよく、短時間で大幅なカットもできます。

バリカンを使用する上で、思わず髪を切りすぎてしまうのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、バリカンにはアタッチメントが付いているため、色々な長さの髪に調整が可能です。

多くの種類のアタッチメントが用意されているバリカンを使用すれば、それだけニーズに応じて様々な髪の長さにすることができます。

サイドやバックにバリカンは威力を発揮

ハサミを利用したセルフカットで最も難しいのは、サイドやバックを揃えることです。

自分で鏡を見ながら、器用にハサミを使って切りにくい部分を揃えていくのは、なかなか難しい作業です。

バランスが悪くなり、見た目にいびつな感じになることもあるでしょう。

バリカンは、このような切りにくい箇所にも威力を発揮します。

短時間で髪を上手に揃えることができるため、労力負担も軽くできます。

特にセルフカットの場合は、自分で髪を切ることによる精神的な疲れが生じやすいものです。

ハサミだけを利用していれば、途中から疲れで集中力を欠いてしまい、カットの失敗につながることもあります。

バリカンであれば、このようなリスクを軽減できます。

バリカンはツーブロックの髪型に便利

男性でツーブロックの髪型にしている人も、バリカンは大きく役立ちます。

ツーブロックとは、トップの髪を一定の長さにして、サイドや襟足を短くする髪型です。

これをセルフカットで作ると、髪が伸びてきた時にバランスが悪くなる場合があります。

バリカンを利用すれば、しっかりした髪型を作ることができるため、髪が伸びてきた後でも形を長く維持できます。

カットクロスはあれば便利なアイテム

バリカンを利用する場合は、かなり本格的なカットをすることもあるでしょう。

その際には、カット後の処理が大変になることがあります。

衣服に髪がついてしまうと、落としにくくなり、後処理が面倒です。

ビニール袋で自家製マントを作って、カットした髪を避ける工夫することも多いです。

こういったものを作るのが面倒であれば、カットクロスを購入しておくと便利です。

カットクロスは、理髪店や美容院で、カットした髪による衣服の汚れを防止するマントです。

但し、セルフカットで利用する場合は手が動かしにくくなる可能性があるため、製品選びには意識が必要です。

できるだけ手の自由が利くカットクロスであれば、セルフカットと汚れ防止に非常に役立ちます。

まとめ

セルフカットでは、ハサミだけではなく、バリカンも必ず用意しておきたいアイテムです。

セルフカットの幅が広がり、より本格的なカットが可能になります。

家族にカットしてあげる場合も、バリカンを利用すれば使い勝手がいいため、家庭に1台備えておけば便利です。