もみあげのお手入れにもバリカンはお役立ち!基本的な使い方を知っておこう!

もみあげというもの、男性にとってはどうしても目立つものなので、お手入れは欠かせません。

女性はと言うと、髪型によって耳が見える場合にはこれまた気になるものです。

美容院や理容店でお手入れをしてくれますが、時に勝手に伸びてきたもみあげは手入れしておきたいですね。

バリカンでセルフカット、目指してみませんか。

もみあげというものは

もみあげというもの、男性にとっては時に濃いほうが男っぽくていいと思えるものです。

でも時には、伸びすぎてだらしなく見えるので手入れが必要、ともなるものです。

男性の場合短髪が基本なので、耳が顕になります。

ということは自然、もみあげもよく見えるということですね。

実際濃い目のもみあげはそれなりに個性にもなります。

しかし明らかに放置した挙げ句に伸びてしまったもみあげは、だらしなさを強調してしまいます。

女性の場合も同じくです。

耳に髪をかけた時とか、アップの髪型にした時にはもみあげ部分がよく見えるものです。

女性の場合平均的には濃い感じはしないもみあげですが、でもボサボサに見えるのは避けたいですね。

そして加えて、メガネを使う人にもです。

これ男女問わず、もみあげが伸びてくるとメガネが落ち着かない、ずれるなどの問題も起きてきます。

たかがもみあげ、されどもみあげと言ったところでしょう。

もみあげをバリカンで処理する

しかしもみあげだけのために美容院に行く、というのはちょっとためらわれますね。

なのでセルフカットを、バリカンでやってみませんか。

一般的なもみあげのカットの仕方を見ていきましょう。

男性の場合

男性の場合髪型によってということもありますが、基本的にはもみあげの最も短い部分を、3ミリ程度に設定しておけば間違いありません。

最も短い部分というのは、もちろんもみあげの最も下の部分ですね。

3ミリというのは思っているよりも短い長さなので、この最も下の部分をぼかす感じに仕上げるのに向いています。

まずは9ミリ程度のアタッチメントを利用、これで全体的に調整します。

何かあまり変わらないな、と思ったら6ミリくらいで再調整して下さい。

最後に3ミリのアタッチメントで下半分をカット、何気にぼかします。

もみあげを自然に見せるために、この後耳の上の毛も9ミリから6ミリ程度に、バリカンでカットして繋がりを自然にします。

後は細かい調整ですが、コームを使ってもみあげを横から梳かして、コームからはみ出たもみあげの毛をカットします。

まだもう少しと思ったら、カミソリで最終調整がおすすめです。

女性の場合

女性の場合は男性よりも、基本的には髪の毛は細い人が多いのです。

なのでもみあげ部分もそれほど気になりませんし、お手入れにしてもバリカンでザクザク、とまでは行かなくても済みます。

それでもベリーショートの人とかの場合は、男性と同じ程度の手入れをしたほうが、きれいな髪型を保てることになります。

そんな場合には、特に肌を傷つけないように気をつけて処理して下さい。

アイブロウなど使用して、左右の長さをしっかりと同じように調整することも、考えてくださいね。

女性の方がこうした細かいお手入れには、気を使うものです。

やるからには徹底的に、手を抜かずに行って下さい。

男性と違って何ミリが適当、というのは髪型によって違ってきます。

ベリーショートの場合は、ほぼ男性と同じ長さ設定でいいでしょう。

もみあげのバリカンでのカットで気をつけること

髪の毛のカットともみあげのカット、似ているようで最も違うのは頭皮なのか顔の皮膚なのかということです。

当然顔の皮膚のほうがデリケートですよね。

また髪の毛よりも顔を見た時に即見えてしまう部分なので、その点にも注意が必要です。

左右のバランスをしっかりと調整

殆どの場合人間、誰かと会話する時には対面での会話をするものです。

相手を正面から見て、会話をしますね。

なので会話の最中には、顔を見てということになります。

結果、もみあげ部分にも注目が集まるということです。

完全にハサミを使ってのカットと違って、バリカンでのカットなら使った部分の髪の長さは一定です。

でもどのあたりから何ミリで、というのは見極めておかないと左右アンバランスに出来上がってしまいます。

好感度の高い顔というのは、左右のバランスのとれた作りだということです。

もみあげも顔の一部なので、左右の長さのバランスをしっかりと取りたいものですね。

短くするのはこのあたり、と見当をつけたらその部分に予めマークをしておきましょう。

アイブロウなど使うのがおすすめです。

肌の保湿も忘れずに

見た目バリカンの場合、あまり刃が見えないので刃物だということ、忘れがちです。

しかし実際には、肌に刃を使っているのです。

しかも顔の肌です。

一般的に女性よりも肌は強いと言われる男性でも、カミソリ負けなどは起こします。

バリカンやシェーバーでのもみあげのお手入れの時にも、バリカンの使用前使用後に保湿を心がけて下さい。

乾いた肌だと摩擦も強くなり、傷つく可能性が高くなります。

まとめ

バリカンでの髪の毛のセルフカット時に、やはりもみあげもカットしておきたいものです。

髪の長さはまだ余裕があっても、もみあげだけ長くなりすぎることもあります。

そんな時にはバリカンで、簡単にもみあげのお手入れができます。

ただ使用時にはちょっと気をつけておいたほうが良いこともあるので、その点にだけ注意して下さい。